Siri

今ではお馴染み「Siri」の便利な使い方特集!

「Hey Siri」から始まる会話をうまく利用

iPhoneユーザーにとってはSiriをどう使いこなすことができるかということがそのままiPhone使いこなしのための技術になります。

iPhoneのSiriは最初こそネタのように扱われることもありましたが、今ではすっかり使用ツールの一つとして定着しており、中には独自の工夫によりそれまでのスマートフォンでは考えられなかったような便利な使用方法がとられるようになっています。

既にお持ちの方なら十分にご存知でしょうが、Siriは起動をするときに何らかのボタンを押す必要はなく、「Hey Siri」という呼びかけをすることで準備体制に入ってくれます。

最も簡単かつ便利な使用方法として知られるのが、室内のどこにiPhoneを置いたかわからなくなってしまった時に、「Hey Siriどこにいる」と声をだすだけで場所を音で教えてくれるというものです。

普段からよくスマートフォンを使う人にとってはついつい置き忘れをしてしまうものなので、このすぐに見つけることができる機能は非常に便利です。

なのでもしiPhoneに買い換えたら、今までのように家の電話や別の携帯から自分の番号にかけるといった手間を取る必要はありません。

よく使う機能も触れずに起動

もう一つSiriの便利な使い方が、本体に触れなくても電話をかけることができるということです。

自動車の運転中や他の作業をしているときには直接電話を耳に当てて発信するというのはできにくいものですが、そこでSiriに「スピーカーホンで電話」という指令を出し、続けて電話番号もしくは登録してある人の名前を伝えればそのまま電話をつなぐことができます。

調理中や細かい作業をしていて手がはなせないというときにもお得な機能です。

それと普段の使い方でなかなか面倒なものの一つが保存してあるデータ探しです。

そんな時もSiriに撮影場所や時期、写真の種類といったデータを伝えることであらかじめ保存してある写真やデータを検索してもらえます。

さらには現在位置からの移動方法を訪ねて地図を表示したり、手帳機能を使って保存してあるスケジュールを呼び出したりするといった実際の操作ではちょっと手間のかかることも全部Siriにおまかせすることができます。

なんでも質問に答えてくれるのもSiri

Siriが有名になったことの一つの要素として、何か質問をすると面白い答えをしてくれるというものがあります。

ネタでもかなり面白い機能なのですが、実用面ではもっと便利に使用することが出来ます。

例えば日付や辞書として使用をしたり、または日本ではあまり使うことがないインチやポンドといった長さや重さの単位計算もすぐにしてくれます。

この質問に対する回答は常にアップデートされており、日に日に精度が高まっているというのも魅力の一つと言えます。

なんだかあまり頼り過ぎるとなんでもすぐにSiriに最初に聞くクセがついてしまいそうですね。