足湯

「体温」に注目!老化防止にも繋がる基礎体温健康法

「基礎体温が低い」は危険なサイン

検温は具合が悪いと感じたときに最初にする健康チェック方法です。

おそらく一家に一本くらいは体温計が常備されているものと思いますが、すでに発熱があると感じている人だけでなく定期的に検温をしていくことで長期的な健康管理をすることができるのを知っているでしょうか?

人の体温はだいたい36.5℃くらいが平熱とされており、40℃を超えると高熱というふうに診断されます。

しかし平熱は個人差があり、痩せ型の女性などの場合には平熱が35℃前半といったこともよくあります。

1℃の差というと体感的には特に大きいとは感じないものですが、人の体温となるとこの1℃が健康状態を大きく左右してきます。

というのも人の体は1℃体温が下がることにより、免疫力が40%低下し、基礎代謝が12%低下し、さらに酸素の働きが50%も低下してしまうということがわかっているからです。

平熱が低いという人は他にも冷え性などの健康によくない症状を発しやすいため、体温を高めるための対策をしていくことが望ましくなります。

体温を上げるためのコツ

健康だけでなく美容にも平熱は大きく関係してきます。

平熱が低い人というのは基礎代謝が低くなるため、太りやすくなりお肌のターンオーバーも起こりにくくなってくすんだ肌の色になってきてしまいます。

体温を上げるためにはまずは体を常に暖かくするということが大切になります。

まず内臓を冷やさないために冷たい飲み物を飲まないようにする、次にきちんと入浴をして体を温める、また寒い部屋にはいかず首元をしっかり温めるといったことです。

地道な努力ですが継続して行うことで必ず効果が期待できます。